ソロギター、と一口に言っても、アルペジオ中心の奏者と、特殊奏法を多用する奏者に大別されています。
特殊奏法を多用する奏者を、タッピングハーモニクスや、ボディヒット等からしばしば「叩き系」と呼ばれていたり。
そんな特殊奏法を多用する「叩き系」の中でもおすすめの曲をまとめてみました。

まずは日本の奏者
言わずと知れた押尾コータローのtension


谷本光 夏空蝶


T-cophonyのcycling road


日本の奏者の方で特殊奏法メインという奏者は意外と少ないですね。
この他にも色んな方いますが。

海外系

andy mckee drifting


don ross rockbarra


Thomas Leeb - Desert Pirate


justin king  Phunkdified


Erik Mongrain  PercusienFa


海外系は特に特殊奏法を多用する奏者が多いですね。
なによりとてもパーカッシブです。
他にも面白い奏者がいたら教えてくださるとよろこびます。